心臓血管外科

ご挨拶

 心臓血管外科の治療において重要なのはアフターケアです。術後の定期点検ときめの細かいメンテナンスがなければ長期的な健康は維持できません。

 また、不調が起きた場合には、治療(手術)を受けた病院に一刻も早く運んでもらう必要があります。治療経過を把握している病院でなければ的確な処置を受けられない可能性があります。

 気付かぬうちに全身に問題を抱えていることも多く、我々は他科との緊密な連携をとっています。

 治療を考えられている方は、冬でも通院可能な交通の便、一刻を争う状況で搬送可能な距離か、総合的な治療は可能かなどを熟慮した上で病院を選択する必要があります。

 当院は地域完結型の医療、健康管理を第一目標としています。

施設認定(心臓血管外科)

  • 心臓血管外科専門医認定機構認定基幹施設
  • 日本脈管学会認定研修指定施設
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施基準管理委員会認定施設
  • 日本ステントグラフト実施基準管理委員会認定腹部ステントグラフト実施施設
  • 日本ステントグラフト実施基準管理委員会認定胸部ステントグラフト実施施設
  • 札幌医科大学心臓血管外科卒前教育関連施設

外来担当医表

 
午前田宮{再来}

深田
{手術}
深田

岩代
田宮

佐藤
午後佐藤(予約のみ)
{手術}深田

専門外来/下肢静脈瘤

[血管ドック]
※1
{手術}深田
【診察受付時間】(新患)午前8:00~11:00 (再来)午前8:00~11:30 午後1:30~3:00
【診察開始時間】午前8:40 午後1:30
※1 水曜日の午後は、下肢静脈瘤外来・血管ドックも行っています。
心臓血管外科
医師不在日
不在医師備考
※現在、医師不在日はありません。
※随時更新していますが、急な変更等によりお知らせができない場合もありますので、ご理解をお願いいたします。

診療内容の概要

 当科では、虚血(きょけつ)性心疾患、心臓弁膜症、胸部・腹部大動脈瘤(りゅう)、大動脈解離(かいり)、閉塞(へいそく)性動脈硬化症、下肢静脈瘤(りゅう)、透析内シャント作成など、心臓病および全身の血管疾患に対して治療を行っています。
 最新鋭のハイブリッド手術室、IVUS(血管内エコー装置)、64列3D-CT、3テスラMRIが完備されており、詳細な術前診断を行い根治的で体に負担の少ない低侵襲な治療を目指します。
 循環器内科との連携により小樽・後志管内唯一の心臓血管センターとしての責任を果たすとともに、札幌医科大学心臓血管外科と連携し、より重症な疾患に対しても対応できます。

高度で先端をいく治療機器

ハイブリッド手術室

病院建設時に手術室の一部屋にカテーテル検査装置(血管X線撮影装置)を組みこみ、クリーンな環境での血管手術を可能としました。造影剤でリアルタイムに血管内を観察しながらステントグラフトや下肢動脈硬化の手術が可能です。出来上がりを造影して確認し、わずかな異常を見逃さず長期にわたって確実な形に修復することができます。

血管内超音波(IVUS)

大血管にも使用できるIVUSを導入している施設は限られています。手術中に超音波装置のついたカテーテルで血管内をくわしく観察し、術前の診断が正しいか術中にきめ細かく再評価することが可能です。ステントグラフトを内挿した後に、正確に留置されているか、内挿後の血流が正常かなど手術の出来栄えを評価することができ、より完成度の高い手術が可能になります。

クロッサーシステム

閉塞して硬い石のようになってしまった血管を貫通させる“クロッサーシステム”をいち早く導入しました。完全閉塞した固い血管にガイドワイヤーを通過させる医療機器です。クロッサーシステムを導入するためには厚生労働省からの指導で、認定されたトレーナーによる講習を受けなければなりません。

主な検査項目

心臓エコー

超音波で心臓の動きや心臓弁について観察します。

血管エコー

動脈や静脈の病変部位を直接観察できます。

3D-CT(3次元CT)

3次元画像により、動脈瘤の形態や、血管の閉塞部位、冠動脈の病気を評価します。

血圧脈波検査

上肢、下肢の血圧を比較し、下肢動脈閉塞の程度を評価します。血管の硬さも測定します。

SPP(皮膚灌流圧(かんりゅうあつ))

血圧脈波検査ではわからない皮膚レベルの微小循環を評価します。

APG(空気容積脈波)

見た目ではわからない下肢のむくみを定量的に評価します。

サーモグラフィー

表から放射される赤外線をカメラでとらえて体温を評価します。

血管ドック

CTにて大動脈の動脈硬化の状態(石灰化、動脈壁の性状)を観察し、将来的に動脈瘤など命にかかわる疾患に進行しないか評価します。頸動脈エコーにて動脈硬化(プラーク)の進行度を評価します。足関節上腕血圧比(ABI)を計測し、足の血流が低下(閉塞性動脈硬化症)していないか確認します。その他、非侵襲的検査(痛みのない検査)を組み合わせて総合的に全身の動脈硬化の状態を評価します。
血管ドック詳細

*いずれの検査も外来で受けることができます。 

疾患および治療法について

閉塞性動脈硬化症

どちらか一方の足が冷たい。いつも同じ距離の歩行でふくらはぎがだるくなったりしびれたりするものの、休むと症状がとれる。60歳以上、糖尿病の方、喫煙者あるいは喫煙していた方によく起こります。悪化を防ぐために通院で飲み薬を用います。症状が強い場合には二泊三日の入院で血管内治療を行うことがあります。さらに重症の場合にはバイパス手術を行うこともあります。

(閉塞性動脈硬化症についての詳細はこちら)

大動脈瘤

普段、症状はありません。60歳以上、血圧が高い方で、破裂するまで気づかないことが多く、突然の腰痛、腹痛で発症します。基本は破裂する前に治療することです。動脈瘤がそれほど大きくない場合には飲み薬で血圧をコントロールし、年に一二度CT検査をして経過を見ます。大きい場合には破裂を予防するためにステントグラフト手術を行います。その場合の入院期間は10日程度です。動脈瘤の形状によっては人工血管置換術が必要になる場合があります。

大動脈瘤についての詳細はこちら

虚血性心疾患

数分で消える胸、首、歯茎などの圧迫感、持続する胸の激しい痛み、不安感などが症状です。40歳以上、喫煙者に多く発症します。大半の患者さんは血管内治療(循環器内科)の適応になりますが、手術になる場合もあります。症例に応じて心臓を止めずに(心拍動下)手術を行います。

(虚血性心疾患についての詳細はこちら)

心臓弁膜症

動悸、息切れ、呼吸が苦しい、体のむくみなどが起こります。まずは通院で飲み薬よる治療をさせていただきます(循環器内科)。心臓の機能がひどく悪化する前に手術をした方がいい場合があります。症例に応じて小さな開胸で体に負担のかからない方法を行います。

(心臓弁膜症についての詳細はこちら)

大動脈解離

発症するまで症状はありません。血圧が高い方で、突然の激しい背部痛、下肢痛、意識消失などで発症します。二週間程度入院し、点滴、飲み薬によって血圧のコントロールを行います。将来的に大きな手術が必要になりそうな時や大動脈解離に伴う危険な合併症を起こしている方にはステントグラフト手術をした方がいい場合があります。重篤な症例には緊急で人工血管手術をしなければならないこともあります。

(大動脈解離についての詳細はこちら)

下肢静脈瘤(専門外来:毎週水曜日午後)

足の静脈がボコボコ盛り上がる。片足の疲労感、むくみ、痛みが数カ月単位で悪化します。専門の麻酔科医が管理する全身麻酔、入院治療(2泊3日)をご希望の方は当院で治療させていただきます。

(下肢静脈瘤専門外来についてはこちら)

学会・論文実績 2020-2021年

全国総会、国際学会、地方会

  1. Total Arch Replacement の術後有害事象発生リスク因子の同定:低体温循環停止時間予測モデルの有用性
    佐藤宏、深田穣治、田宮幸彦、川原田修義、他
    2020/9/28 第73回日本胸部外科学会総会(名古屋大学)
  2. Risk prediction for major adverse outcome in Total Arch Replacement: investigation for usefulness of the estimation model of hypothermic circulatory systemic arrest time
    Hiroshi Sato、Joji Fukada、 Yukihiko Tamiya
    2020/October/8 34th EACTS annual meeting(Spain)
  3. 抗凝固薬の中止により自然軽快したEVAR後type2エンドリークによる腹部大動脈破裂の1例
    深田穣治、佐藤宏、田宮幸彦
    2020/11/27 第48回日本血管外科学会総会(東京医大)
  4. 日常診療に関わる抗血栓療法、降圧療法の重要性
    札幌医科大学医学部心臓血管外科学講座 助教中島智博先生(座長 深田穣治)
    2021/3/22 札樽ハートWEBセミナー(小樽市立病院)
  5. 当院における腹部大動脈瘤手術の10年成績:遠隔期成績改善のための適切な術式選択
    佐藤 宏、深田穣治、田宮幸彦
    2021/4/8~10 第121回日本外科学会定期学術集会(千葉大学)
  6. 私の視点からみた弓部大動脈手術における脳保護の歴史(特別講演)
    深田穣治
    2021/9/12 第26回日本体外循環技術医学大会北海道地方会(小樽市立病院)
  7. 急性A型大動脈解離に対するFrozen Elephant Trunk technique 20例の臨床成績
    佐藤 宏、深田穣治、田宮幸彦
    2021/9/13 第4回北海道外科関連学会機構合同学術集会
  8. 腕頭動脈高度狭窄、左鎖骨下動脈閉塞、冠動脈前下行枝高度狭窄に対する外科的血行再建術の1例
    深田穣治、佐藤 宏、田宮幸彦
    2021/10/14-10/16第62回日本脈管学会総会(旭川医科大学)
  9. 急性A型大動脈解離に対するFrozen Elephant Trunk technique:臨床成績とremodelling予測因子の解析
    佐藤宏
    低侵襲化が進む弁膜症手術:対応可能になった高齢患者に対する抗凝固療法にも触れて
    札幌医科大学心臓血管外科学講座 主任教授 川原田修義
    2021/10/29 第4回小樽心臓血管カンファレンス(小樽市立病院)
  10. 中等度低体温循環停止による弓部置換術に対する温度の解析:冷却度と臨床転機の関係
    佐藤 宏、深田穣治、田宮幸彦
    2021/10/31-11/3 第74回 日本胸部外科学会定期学術集会(慶応義塾大学)

論文

  1. Long-Term Clinical Outcomes of Thoracic Endovascular Aortic Repair for Arch Aneurysms with the Najuta Thoracic Stent-Graft System
    Hiroshi Sato、Joji Fukada、Yukihiko Tamiya、Nobuyoshi Kawaharada、et al
    Ann Vasc Dis. 2020; 13: 384-389.
  2. 抗凝固薬の中止により自然軽快したEVAR後type 2エンドリークによる腹部大動脈瘤破裂の1例
    深田 穣治、佐藤 宏、田宮 幸彦
    日本血管外科学会雑誌 2020; 29: 37–41
  3. 若年者の外傷性大動脈損傷に対しchimney technique を用いた胸部ステントグラフト内挿術で救命した1症例
    佐藤 宏、深田 穣治、田宮 幸彦
    小樽市立病院誌 2020; 19: 91-93
  4. 下肢静脈瘤の重症度と動脈硬化パラメーターの関連についての検討
    藤澤 康聡、深田 穣治、田宮 幸彦、佐藤 宏
    静脈学 2020; 31: 95-99
  5. Impact of Instructions for Use and Endoleaks on Long-term Mortality after Treatment for Abdominal Aortic Aneurysm
    Hiroshi Sato、Joji Fukada、 Yukihiko Tamiya、Nobuyoshi Kawaharada、et al
    Ann Vasc Surg 2021; 12: 309-317
  6. Antiatherosclerotic phenotype of perivascular adipose tissue surrounding the saphenous vein in coronary artery bypass grafting
    Takuma Mikami、Masato Furuhashi、Nobuyoshi Kawaharada、Joji Fukada、et al
    JAHA  2021; 6;10(7)
  7. Estimation Model for Hypothermic Circulatory Arrest Time to Predict Risk in Total Arch Replacement
    Hiroshi sato、Nobuyoshi Kawaharada、Joji Fukada、Yukihiko Tamiya、et al
    Ann Thorac Surg  2022; 113: 256-263
  8. Morphometric predictors of aortic remodeling after frozen elephant trunk repair of type A dissection
    Hiroshi Sato、Joji Fukada、Yukihiko Tamiya
    Ann Vasc Surg  2022; 31: S0890-5096
  9. 腕頭動脈高度狭窄、左鎖骨下動脈閉塞、 冠動脈前下行枝高度狭窄に対するバイパス術による完全血行再建術の1例
    深田 穣治、佐藤 宏、田宮 幸彦、他
    小樽市立病院誌 2021; 10: 47-52

手術の動向・実績  2021年

手術総数 265
 心臓大血管手術 
 冠動脈バイパス術12
 大動脈弁手術8
 僧帽弁手術3
 三尖弁手術3
 胸部人工血管置換術14
 胸部ステントグラフト内挿術11
 腹部大動脈瘤手術 
 腹部人工血管置換術7
 腹部ステントグラフト内挿術16
閉塞性動脈硬化症手術 
 バイパス手術25
 血管内手術74
内シャント手術 
 新規内シャント手術62
 内シャントの修復術16

医師紹介


深田 穣治 Joji Fukada 副院長・理事

資格
  • 医学博士
  • 札幌医科大学心臓血管外科学講座 臨床教授
  • 臨床研修指導医
  • 心臓血管外科専門医・修練指導医
  • 日本胸部外科学会認定医・指導医
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本脈管学会認定脈管専門医・修練責任者
  • 腹部ステントグラフト実施医・指導医
  • 胸部ステントグラフト実施医・指導医
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
  • 日本血管外科学会認定血管内治療医
  • 日本心臓血管外科学会国際会員
  • 日本胸部外科学会評議員
  • 日本心臓血管外科学会評議員
  • 日本血管外科学会北海道地方会評議員
経歴
  • 札幌医科大学卒業
  • Pittsburgh大学 心臓胸部外科
  • Jackson Memorial病院 心臓胸部外科
  • 札幌医科大学心臓血管外科学講座 臨床教授
専門分野
  • 冠動脈疾患、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離の手術
  • 大動脈疾患に対するステントグラフト治療
  • 閉塞性動脈硬化症に対する手術、血管内治療
  • 下肢静脈瘤の治療
筆頭著者の論文

原著:和文12、英文6、症例報告:和文9、英文7(共著論文を含めた総数108)以下その一部

  1. Fukada J, Morishita K, Komatsu K, Abe T. Influence of pulmonic position on durability of bioprosthetic heart valves. Ann Thorac Surg 1997, 64:1678-1681.
  2. Fukada J, Morishita K, Komatsu K, Sato H, Shiiku C, Muraki S, Tsukamoto M, Abe T. Is atrial fibrillation resulting from rheumatic mitral valve disease a proper indication for the maze procedure? Ann Thorac Surg 1998, 65:1566-1570.
  3. Fukada J, Schena S, Tack I, Ruiz P, Kurimoto Y, Pang M, Aitouche A, Abe T, Striker LJ, Pham SM. FK409, a spontaneous nitric oxide releaser, attenuates allograft vasculopathy in a rat aortic transplant model. Circ Res. 2000, 87: 66-72.
  4. Fukada J, Kurimoto Y, Ruiz P, Aitouche A, Zeevi A, Li S, Kubota T, Pham SM. Long-term survival of rat cardiac allografts by intrathymic plus portal venous injections of donor bone marrow cells and short-term tacrolimus immunosuppression. Transpl Int. 2001, 14:311-319.
  5. Fukada J, Schena S, Tack I, Ruiz P, Kurimoto Y, Pang M, Aitouche A, Abe T, Striker LJ, Pham SM. Nitric oxide donor FK409 attenuates the development of neointimal hyperplasia in a rat aortic allograft model. Transplant Proc. 2001, 33:536-537.
  6. Fukada J, Morishita K, Kawaharada N, Yamada A, Harada H, Abe T. Less-invasive thoracic aortic aneurysm repair: report of a case. Ann Thorac Surg 2002, 74:1244-1246.
  7. Fukada J, Morishita K, Naraoka S, Kawaharada N, Tabata A, Hyodoh H, Abe T. Significance of distal fenestration in graft replacement for chronic aortic dissection. J Cardiovasc Surg 2002, 43:655-656.
  8. Fukada J, Morishita K, Kawaharada N, Yamauchi A, Hasegawa T, Satsu T, Abe T. Isolation of cerebral perfusion for intraoperative cerebral malperfusion in type A aortic dissection. Ann Thorac Surg 2003, 75:266-268.
  9. 深田穣治, 数井暉久, 田宮幸彦, 森下清文, 池田勝哉, 越野督央, 中島慎治, 光島隆二, 安倍十三夫. Marfan 症候群に併発するStanford A 型大動脈解離に対する外科治療戦略. 日胸外会誌 1997, 45:724-728.
  10. 深田穣治, 森下清文, 田宮幸彦, 川原田修義, 光島隆二, 田畑哲寿, 安倍十三夫. 選択的脳灌流法を用いた枝付きグラフトによる弓部大動脈全置換術の適応: 病型からみた再評価. 胸部外科2002, 55:1087-1096.
  11. 深田穣治, 森下清文, 川原田修義, 安倍十三夫, 栗本義彦, 浅井康文. 大動脈瘤治療の最前線(低侵襲化への挑戦). 日本医事新報 2002, 4080:17-21.
  12. 深田穣治, 田宮幸彦, 藤澤康聡. 脊髄保護における選択的脳灌流の役割-急性A型大動脈解離手術例の経験から-. 日心血外会誌 2013, 42:59-62.
筆頭演者の学会発表

国内総会シンポジウム:21、国際学会:12 以下その一部

  1. Fukada J, Aitouche A, Zeevi A, Ruiz P, Kubota T, Kurimoto Y, Li S, Pham S. A combination of intrathymic and portal venous injection of donor bone marrow cells produces lomg-term survival of cardiac allografts in high responder rat strains. In: 25th Annual Scientific Meeting of the American Society of Transplant Surgeons: 1999 May 19-22: Chicago, U.S.A.
  2. Fukada J, Schena S, Tack I, Ruiz P, Kurimoto Y, Pang M, Aitouche A, Striker G, Striker L, Pham S. Exogenous nitric oxide (FK409) transplant arteriosclerosis in rat aortic allograft model. In: South Florida Chapter of the American College of Surgeons: 2000 May 3: Hollywood, U.S.A.
  3. Fukada J, Kurimoto Y, Schena S, Aitouche A, Ruiz P, Zeevi A, Kubota T, Pham S. Long-term survival of the rat cardiac allografts by intrathymic plus portal injections of donor bone marrow cells and short-term Tacrolimus immunosuppression. In: First Congress of the International Pediatric Transplant Association: 2000 Aug 23-25: Venice. Italy
  4. Fukada J, Schena S, Tack I, Ruiz P, Kurimoto Y, Pang M, Aitouche A, Abe T, Pham S. Exogenous nitric oxide attenuates allograft vasculopathy. In: XVIII International Congress of the Transplantation Society: 2000 Aug 27-Sep 1: Rome, Italy
  5. Fukada J, Schena S, Tack I, Pang M, Ruiz P, Kurimoto Y, Aitouche A, Abe T, Striker L, Pham S. The effect of FK409 on allograft vasculopathy in a rat aortic transplant model. In: 73rd Scientific Sessions American Heart Association: 2000 Nov 12-15: New Orleans, U.S.A.
  6. Fukada J, Morishita K, Kawaharada N, Koshima R, Naraoka S, Abe T. Thoracic aortic surgery at the age of >80 years. In: 25th World Congress, International Society for Cardiovascular Surgery: 2001 Sep 9-13: Cancun, Mexico
  7. Fukada J, Morishita K, Kawaharada N, Hachiro Y, Fujisawa Y, Kurimoto Y, Asai Y, Abe T. Two-staged repair of extensive thoracic aortic aneurysm using the elephant trunk followed by endovascular stent-grafting. In: Aortic Surgery Symposium IX: 2004 Apr 22,23: New York, U.S.A.
  8. 深田穣治, 中島智博, 田宮幸彦. Spiral opening法による活動期人工弁感染に対する再二弁置換術の一例. (ビデオ) 第48回日本心臓血管外科学会学術総会: 2018年2月19-21日: 三重
  9. 深田穣治, 佐藤宏, 田宮幸彦. TEVAR後に重度のDICをきたした2症例. 第60回日本脈管学会総会: 2019年10月10-12日: 東京

佐藤 宏 Hiroshi Sato  医長

資格
  • 医学博士
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本脈管学会認定脈管専門医
  • 腹部ステントグラフト実施医、指導医
  • 胸部ステントグラフト実施医、指導医
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
  • 日本血管外科学会認定血管内治療医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医
経歴
  • 札幌医科大学卒業
  • 函館五稜郭病院 心臓血管外科
  • 市立札幌病院 心臓血管外科
専門分野
  • 冠動脈疾患、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離の手術
  • 大動脈疾患に対するステントグラフト治療
  • 閉塞性動脈硬化症に対する手術、血管内治療
  • 下肢静脈瘤の治療

岩代 悠 Yu Iwashiro 医師

資格

田宮 幸彦 Yukihiko Tamiya 診療顧問・嘱託医

資格
  • 医学博士
  • 日本外科学会専門医
  • 心臓血管外科専門医

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン