下肢静脈瘤(りゅう)

外来診療日

診療日 水曜日
診療受付 1:30〜15:00

診療内容の概要など

kashi_img01 足の表面の血管がボコボコとふくらんできた(横になり下肢を少し上げるとボコボコが見えなくなる)。 足がむくむ。 足がだるい、疲れやすい。 足がつる、夜中にこむら返りがある。 足に湿疹ができて治らない。
 このような症状の方はいませんか? 当てはまる症状があれば下肢静脈瘤(りゅう)の可能性があります。

 人間の血管には、動脈と静脈の二種類があります。静脈には図のような弁があり、そのおかげで逆方向への流れを防いでいます。この逆流防止弁が何らかの原因できちんと機能しなくなると、血液が逆流して、静脈がボコボコとふくらんできます。kashi_img02
 命にかかわることは少ない疾患ですが、進行すると、色素沈着、皮膚の硬化、炎症、潰瘍の形成へと進み、難治性となる場合もあります。
 下肢の症状は、静脈瘤(りゅう)以外にも、心臓疾患、腎臓疾患、動脈硬化、腰の疾患など様々の病気から起きる可能性があります。当院では、背景に隠れた疾患も見落とさないよう、心臓血管専門施設としての経験を生かし、外来で精密検査を行い、適切な治療とご指導をさせていただきます。検査はいずれも痛みを伴わず1時間ほどで全て終了します。具体的には、胸部レントゲン、心電図、下肢静脈エコー検査、APG(空気容積脈波)、ABI(足関節上腕血圧比) などです。これらの検査を行うことで、下肢静脈瘤(りゅう)の診断のみならず、心臓の状態、動脈硬化の進行度合なども合わせて評価できます。
 治療は、症状と患者さんのご希望にあわせて選択させていただきます。来院された方で結果的に手術を希望されるのは半数くらいで、残りの方は、生活指導やストッキングによる経過観察となります。
 手術では、足の数箇所に非常に小さな穴をあけ、そこから病的な静脈を引き抜きます。再発率が極めて低く、最も確実な方法です。当院では患者さんの安 全を第一に考え、手術時の麻酔は麻酔科専門医が管理しています。手術を行う医師一人で全てを行うのは安全性の面から適切ではないと考えているからです。そ のため、一泊あるいは二泊の入院をお勧めしています。もちろんご希望であれば日帰りも可能です。お気軽にお電話ください。専門スタッフがお待ちしています。

医師紹介

深田 穣治 (医療部長)
医学博士、日本外科学会専門医、心臓血管外科専門医・修練指導医、日本胸部外科学会指導医、腹部ステントグラフト指導医、胸部ステントグラフト指導医、日本血管外科学会認定血管内治療医、日本脈管学会認定脈管専門医・修練責任者、臨床研修指導医

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン