放射線診断科

画像診断

 CT、MRI、RI、PET-CTを中心に画像診断を行っています。関連医療機関からの前記画像診断の依頼、超音波検査や骨密度測定等の依頼も受けています。
 現在は 常勤放射線診断医1名、嘱託医1名および大学医局からの診療応援の体制です。

主な対象疾患

 全身各種疾患

主な検査項目

 CT、MRI、RI(SPECT)、PET-CT、超音波検査、骨密度測定など。

その他特殊なもの、血管造影などについてはお問い合わせください。

IVR(画像下治療)

 X線透視や超音波、CT等の画像を見ながら細い管(カテーテル)やガイドワイヤー、針等を用いて行う診断・治療を行っています。低侵襲性(体に優しい)や迅速性が特徴です。

放射線診断科にお気軽にご相談ください。

主な検査・設備

  •  一般X線撮影、乳房X線撮影、X線透視(TV)
  • マルチスライスCT(64列、16列)、MRI(3T、1.5T)
  • 血管撮影装置、ハイブリッド手術室
  • ガンマカメラ、PET-CT
  • X線骨密度測定装置
  • 超音波診断装置

医療機関からの検査のご依頼について

地域医療連携室のページで、医療機関からの各種検査(CT、MRI、RI、PET-CTなど)の予約方法や様式等を掲載しています。

 

医師紹介

市村 亘 (医療部長)
日本医学放射線学会(放射線診断専門医、研修指導者)
日本核医学会(PET核医学認定医)
日本IVR学会
日本磁気共鳴医学会
日本超音波医学会
日本血管内治療学会
小林 健太郎 (嘱託医)
日本医学放射線学会(放射線診断専門医、研修指導者)
日本核医学会(専門医)
日本核医学会(PET核医学認定医)

 

 

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン