心臓血管外科

施設認定(心臓血管外科)

  • 心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設
  • 日本脈管学会認定研修指定施設
  • 日本ステントグラフト実施基準管理委員会認定腹部ステントグラフト実施施設
  • 日本ステントグラフト実施基準管理委員会認定胸部ステントグラフト実施施設
  • 札幌医科大学心臓血管外科卒前教育関連施設

受付時間

午前 新患8:00〜11:00
再来8:00〜11:30
午後 1:30〜3:00

外来担当医表

 Bブロック
午前 icSairai
田宮
(手術) icShinsai
田宮
[予約のみ]
田宮
〈8:30〜
9:30〉

  

[予約のみ]
田宮
〈9:00〜
10:00〉
icShinsai
深田
icSairai
深田
午後 交代制※1 (手術)
 

icShinsai

 icKashi
[血管ドック]
深田※2
 

(手術) icShinsai
田宮
icSairai
深田
icSairai再来患者、icShinkan新規患者
※1 月曜日の午後は交代で担当します。
※2 水曜日の午後は、下肢静脈瘤外来・血管ドックも行っています。
 [専門外来]
icKashi下肢静脈瘤(りゅう)

担当医不在について

診療内容の概要

 当科では、虚血(きょけつ)性心疾患、心臓弁膜症、胸部・腹部大動脈瘤(りゅう)、大動脈解離(かいり)、閉塞(へいそく)性動脈硬化症、下肢静脈瘤(りゅう)、透析内シャント作成など、心臓病および全身の血管疾患に対して治療を行っています。
 最新鋭のハイブリッド手術室が完備されており、特に血管内治療に強いことが特徴です。
また、札幌医科大学心臓血管外科とも連携しており、重症な疾患に対しても対応が可能です。
 循環器内科と連携し小樽・後志管内唯一の心臓血管センターとして、地域の皆様の健康と命を守ります。

 

 

 

以下のような症状がある方は心臓血管外科外来を受診されることをお勧めします。( )内は疑われる疾患。

  1. 階段を登ったり運動時に息切れがする。胸が苦しくなる。すぐ疲れる。(心臓弁膜症、虚血性心疾患)c04
  2. 運動時に動悸(どうき)がする。(心臓弁膜症、虚血性心疾患、不整脈)
  3. 検診で心臓に雑音があると指摘された。(心臓弁膜症、先天性心疾患)
  4. お腹に拍動する塊を触れる。(大動脈瘤)
  5. 背中に強い痛みがある。(大動脈解離)
  6. 歩行時に足が痛くなり、休み休みでないと歩けない。(閉塞性動脈硬化症)
  7. 足がいつも冷たい。(閉塞性動脈硬化症)
  8. 足にぼこぼこした血管がある。(下肢静脈瘤)

 

 

主な検査項目

  • 心臓エコー:超音波で心臓の動きや心臓弁について観察します。
  • 血管エコー:動脈や静脈の病変部位を直接観察できます。
  • 3D-CT(3次元CT):3次元画像により、動脈瘤の形態や、血管の閉塞部位、冠動脈の病気を評価します。
  • 血圧脈波検査:上肢、下肢の血圧を比較し、下肢動脈閉塞の程度を評価します。血管の硬さも測定します。
  • SPP(皮膚灌流圧(かんりゅうあつ)):血圧脈波検査ではわからない皮膚レベルの微小循環を評価します。
  • APG(空気容積脈波):見た目ではわからない下肢のむくみを定量的に評価します。
  • サーモグラフィー:表から放射される赤外線をカメラでとらえて体温を評価します。

 いずれの検査も外来で受けることができます。d03

*「血管ドック」も行っております。お気軽にお問合せください。(詳細は血管ドックへ)

 

(イラスト:一般財団法人 北海道心臓協会ホームページより引用)

 

 

 

 

疾患および治療法について

心臓弁膜症

心臓はポンプの働きをして全身に血液を送ります。心臓は4つの部屋に分かれていますが、それぞれ対応する4つの弁があり血液が逆流しないようになっています。これらの心臓弁が加齢や高血圧といった基礎疾患の影響で傷み、正常な機能を果たせなくなる病気を心臓弁膜症と呼びます。軽度の心臓弁膜症では無症状の場合が多いですが、重症になると心不全を発症し、胸苦や息切れ、最悪突然死の原因となることもあります。

傷んだ弁は元には戻らないため、重症な弁膜症の場合は手術にて治療するしかありません。

「弁置換術、形成術、弁輪縫縮(ほうしゅく)術」などの手術を行い、弁機能を回復させます。

(心臓弁膜症についての詳細はこちら)

 

 

虚血性心疾患

心臓の血管(冠動脈)の内側に狭い箇所ができると心臓の筋肉(心筋)に十分な血流が届かなくなります。すると運動時に胸痛や胸が締め付けられる感じがしたり、さらに進行すると安静時にも同様の症状が出現します。血流が不足した心筋は動きが悪くなり、心臓のポンプ機能が損なわれてしまいます。また、急に血管が詰まった状態、いわゆる心筋梗塞(こうそく)を発症すると急激なポンプ機能の低下や致死性(ちしせい)不整脈により命を落とす危険性があります。

治療法としてはカテーテルという細く管を用いて血管を広げる「経皮的冠動脈形成術」または狭窄・閉塞した冠動脈の先に血管をつないで道をつくる(バイパス作成)ことで、血流を改善させる「冠動脈バイパス術」があります。それぞれ特徴があり、循環器内科医と相談して患者さんに適した治療法を選択しています。

(虚血性心疾患についての詳細はこちら)

 

 

大動脈瘤

体内には全身に血液を供給する太い血管がありそれを「大動脈」と呼びます。それが拡大してこぶのようになる疾患を大動脈瘤(りゅう)といいます。一般的には症状はないため、ほかの病気に対する検査中に偶然発見されることが多いです。大動脈瘤の一番の問題は“破裂する危険がある”ということです。大動脈瘤が破裂すると出血によるショックによってその半数の人が病院へ到着する前に死亡するという報告もあります。血圧を下げることで破裂する可能性を下げることはできますが、瘤化した動脈を元に戻すことはできません。ですから、拡大してしまった動脈瘤は外科的な手術をして破裂を予防するのが一般的です。外科的治療法としては「人工血管置換術」または「ステントグラフト内挿(ないそう)術」という方法があります。患者さんの全身状態や血管の性状に合わせて、適した治療法を選択します。

大動脈瘤についての詳細はこちら

 

 

 

大動脈解離

急性大動脈解離(かいり)とは、大動脈の内膜に亀裂が生じ、そこから血液が流入することで、大動脈が真腔(しんくう)と偽腔(ぎくう)に裂けてしまう病気です。上行大動脈に解離が存在するものをA型、存在しない場合をB型と分類します。B型の場合は血圧を下げる治療にて対応できる場合が多いのですが、A型の場合はそのままだと死亡してしまう可能性が極めて高く、救命には緊急手術が必要となります。

手術は解離した脆弱(ぜいじゃく)な動脈を人工血管に置換(上行置換術または弓部置換術)します。手術の危険性は高いですが、現在の医療技術で唯一救命が期待できる治療法です。

(大動脈解離についての詳細はこちら)

 

 

 

閉塞性動脈硬化症

下肢の動脈が狭くなったり詰まってしまうと血流が低下します。すると下肢の冷感、歩行時の痛み、指先の変色、潰瘍などの症状が出現します。この病気は閉塞(へいそく)性動脈硬化症と呼ばれています。治療法としては薬物療法や運動療法、そして血行再建術があります。特に血行再建術は血流を大幅に回復できるため非常に有効な治療法です。血行再建方法としては、人工血管を使った「バイパス手術」またはカテーテルを用いた「血管内治療(経皮的血管形成術)」があります。血管内治療は穿刺針(せんししん)から挿入した細い管で治療を行いますので、患者様の負担はほとんどありません。バイパス手術は全身麻酔のためやや負担はかかりますが、血管内治療が困難な病変に対しても血行再建を行うことができます。近年はバイパス手術と血管内治療を併用した「ハイブリッド治療」にて、広範囲血管病変に対しても少ない負担で治療することも可能となっています。

(閉塞性動脈硬化症についての詳細はこちら)

 

 

 

下肢静脈瘤(専門外来:毎週水曜日午後)

足の皮膚がボコボコとふくれたり、むくみ、痛み、炎症、潰瘍などを合併する場合もあります。専属の検査技師が、最新の検査機器(空気容積脈派、下肢静脈エコー検査)を用いて診断いたします。手術治療(静脈抜去術)、圧迫療法(弾性ストッキング)を、病状にあわせて選択いたします。手術では非常に小さな切開で静脈を抜き取ります。軽症の方や、症状の軽減を希望される場合にはストッキングを処方いたします。手術の麻酔は麻酔科専門医に管理を依頼し苦痛なく安全に治療を受けることができます。当科では、下肢静脈瘤(りゅう)専門外来を開設しております(毎週水曜日午後)。

(下肢静脈瘤専門外来についてはこちら)

 

手術の動向・実績  2016年

手術総数    302 
 心臓大血管手術   53
  冠動脈バイパス術 16
  大動脈弁手術 12
  僧帽弁手術   5
  胸部人工血管置換術 13
  胸部ステントグラフト内挿術 10
 腹部大動脈瘤手術   36
  腹部人工血管置換術 15
  腹部ステントグラフト内挿術 21
閉塞性動脈硬化症手術         89
  バイパス手術 33
  血管内手術 56
下肢静脈瘤手術   20
内シャント手術   44

 

 

医師

田宮 幸彦 (理事・副院長)
医学博士、日本外科学専門医、心臓血管外科専門医、腹部ステントグラフト実施医
深田 穣治 (医療部長)
医学博士、日本外科学会専門医、心臓血管外科専門医・修練指導医、日本胸部外科学会認定医・永久指導医、腹部ステントグラフト実施医・指導医、胸部ステントグラフト実施医・指導医、浅大腿動脈ステントグラフト実施医、日本血管外科学会認定血管内治療医、日本脈管学会認定脈管専門医・修練責任者、臨床研修指導医

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン