病院局長の業績 掲載論文

2020年(令和2年)

  • 並木昭義:
    巻頭言 小樽市立病院誌第8巻発刊に寄せて 
    小樽市立病院誌 第8巻 第1号

  • 並木昭義:
    リーダーの役割とリーダーシップの意義
    小樽市立病院誌 8:19~24,8:19~24,2019

  • 並木昭義:
    令和はじめの年末・年始の局長メッセージ
    小樽市医師会だより 96:16~21,2020
  • 並木昭義:
    令和2年新年・仕事始めの挨拶
    小樽市立病院 Comedix 2020年1月8日

  • 並木昭義:
    令和元年小樽市病院局仕事納め・忘年会の挨拶 
    小樽市立病院 Comedix 2020年1月8日

  • 並木昭義:
    仕事の意義とあり方 
    新春随想 北海道医療新聞 新春特集号第2部 2020年1月1日

2019年(平成31年/令和元年)

  • 並木昭義:
    巻頭言 小樽市立病院誌第7巻発刊に寄せて
    小樽市立病院誌 第7巻 1号

  • 並木昭義:
    医療従事者の知っておくべき倫理問題
    小樽市立病院誌 7:19~25,2018

  • 並木昭義:
    医師のキャリアアップに必要な条件
    小樽市立病院誌 7:27~33,2018

  • 並木昭義:
    特集「小樽市立病院90周年記念関連行事」式辞
    小樽市立病院誌 7:193~194,2018

  • 並木昭義:
    「書斎にある野球部関係の思い出の品々が語る」 
    札幌医科大学野球部編、創部六十五周年記念誌 2019年10月

  • 並木昭義:
    言葉の意義を知る~局長の提言・訓辞と有益な名言・格言から~ 
    小樽市医師会だより 95:20~23,2019

  • 並木昭義:
    人は歴史に学ばず経験を活用しないと失敗する 
    緑陰随想 北海道医療新聞 2284号 2019年8月9日

  • 並木昭義:
    平成最後の医学生・若手医師に贈るメッセージ 
    北海道医報 1209:31,2019
  • 並木昭義:
    平成最後の年末年始の挨拶の概要を述べる 
    小樽市医師会だより 94:13~16,2019

  • 並木昭義:
    天皇、皇后両陛下のお姿と印象
    北海道医療新聞 新春随想 新春特集号 第2部 2019年1月1日

2018年(平成30年)

  • 並木昭義:
    巻頭言 小樽市立病院誌第6巻発刊に寄せて 
    小樽市立病院誌 第6巻 第1号

  • 並木昭義:
    緩和医療の取り組みと見解
    小樽市立病院誌 6:13~19,2017

  • 並木昭義:
    新小樽市立病院の最近の活動状況 
    小樽市医師会だより 93:14~17,2018

  • 並木昭義:
    人の器量と発言 
    北海道医療新聞 緑陰随想 夏季特集号 2337号 2018年8月10日

  • 皆川由布子:
    地域医療次の一手 病院トップに聞く(3)、並木昭義、近藤吉宏、市立病院を統合、地域の未来を切り開く
    ミクス6:64-66,2018

  • 並木昭義:
    開講60周年を迎えての思い出と期待
    札幌医科大学医学部麻酔科学講座 開講60周年記念誌 平成30年3月

  • 並木昭義:
    小樽市立病院の年末、年始の局長メッセージ
    小樽市医師会だより 92:10~12,2018

  • 並木昭義:
    最近の国内自動車業界の不祥事から学ぶ
    北海道医療新聞 新春随想 新春特集号 2207号 2018年1月5日

 

2017年(平成29年)

  • 並木昭義:
    最近関わった緩和医療の学術活動の要約
    小樽医師会だより 91:23-26,2017
  • 並木昭義:
    組織と人事と人脈
    北海道医療新聞 緑陰随想 2017年8月11日
  • 並木昭義:
    小樽市立高等看護学院開学50周年記念に寄せて
    小樽市立高等看護学院五十周年記念誌 2017年4月1日発行

  • 並木昭義:
    これから小樽市立病院の取り組む課題と対策
    小樽市医師会だより 90:10~14,2017

 

  • 並木昭義:
    16期だより
    札幌医科大学医学部同窓会誌 AMICS29:39-48 2016(平成28年12月22日発行)

 

  • 並木昭義:
    札幌医科大学スケート部50周年を迎えての感想
    札幌医科大学スケート部 創部五〇周年記念誌 平成29年2月20日発行

 

  • 並木昭義:
    人の立場と役割の果たす意味を考える
    北海道医療新聞 新春随想 新春特集号 2017年1月

 

  • 並木昭義:
    巻頭言 小樽市立病院誌第5巻発刊に寄せて
    小樽市立病院誌 第5巻 第1号

 

  • 並木昭義:
    新小樽市立病院の運営面に関する外部評価の概要と見解
    小樽市立病院誌 5:17-23,2017

 

  • 並木昭義:
    全国学術集会における講演活動の局長メッセージ
    小樽市立病院誌 5:25-31,2017

 

2016年(平成28年)

  • 並木昭義:
    この1年間の疼痛医療に関する学術活動
    小樽市医師会だより 89:12-16,2016

  • Yuji Kozuka, MD1, Mikito Kawamata, MD1,2, Hidemasa Furue, PhD3,Takashi Ishida, MD2, Satoshi Tanaka, MD2, Akiyoshi Namiki, MD1 and Michiaki Yamakage, MD1
    Changes in synaptic transmission of substantia gelatinosa neurons after spinal cord hemisection revealed by analysis using in vivo patch-clamp recording
    Molecular Pain 12:1-14,2016

  • 並木昭義:
    人間関係は義理と人情の世界である
    緑陰随想 北海道医療新聞 夏季特集号第2部2139号 2016年8月12日
  • 並木昭義:
    平田公一教授との思い出
    平田公一教授退任記念業績集  2016年3月 pp50

  • 並木昭義:
    第14回全国病院事業管理者・事務責任者会議の概要
    小樽市医師会だより 88:9-12,2016

  • 並木昭義:
    人生出会いと思い出作り
    札幌医科大学第16期生卒後45周年記念誌 43~44,2016

  • 並木昭義:
    疼痛医療での出会いと思い出づくり
    ペインクリニック 37:381-387,2016

  • 並木昭義:
    新生小樽市立病院の開設意義と局長メッセージ
    小樽市立病院誌 4:15-21

  • 並木昭義:
    2人のノーベル賞受賞者に出会い印象に残ったこと
    新春随想 北海道医療新聞 新春特集号2109号 2016年1月8日

2015年(平成27年)

  • 並木昭義:
    医療に携わる者に求められるもの
    学院便り24号 平成27年12月1日発行

  • 並木昭義:
    佐藤重仁教授定年退官に寄せて
    佐藤重仁教授退官記念 麻酔・蘇生学業績集  平成27年10月 PP36

  • 並木昭義:
    推薦のことば ポケット版術後痛サービス(POPS)マニュアル POPS研究会編
    POPS研究会発行、大阪、2015年10月

  • 並木昭義:
    冠動脈バイパス手術患者としての思い出
    命のことば -樋上先生をかこむ会- 記念誌, 平成27年9月

  • 並木昭義:
    最近の院外活動の内容と意義
    小樽医師会だより 87:19-22,2015

  • 並木昭義:
    定年退職を迎えた3名の後輩教授の思い出を語る
    緑陰随想 北海道医療新聞 夏季特集号 2089号 2015年8月7日

  • 並木昭義:
    札幌東徳洲会病院の麻酔科開設の意義
    開院三十周年記念誌 2015年7月

  • 並木昭義:
    現代における病院管理者の悩み
    医学のあゆみ 254:189-190,2015

  • 並木昭義:
    病院紹介 小樽市立病院
    全国自治体病院協議会雑誌 54(5):7-15,2015

  • 濱田宏、井上荘一郎、中塚秀輝、深田智子、橋口さおり、飯嶋哲也、若崎るみ枝、高橋正裕、柴田晶カール、新山幸俊、佐藤健治、石村博史、森田潔、並木昭義: チーム医療としての術後痛管理の現状と課題
    -POPS研究会第2回アンケート調査結果Part1-
    ペインクリニック 36:639-645,2015 

  • 並木昭義: 氏家良人教授との思い出
    氏家良人教授退官記念誌 2015年3月

  • 並木昭義:       新市立病院の開院を迎えて為すべきこと
    小樽市医師会だより 86:17-20,2015

  • 並木昭義: 新市立病院の建設を振り返って思うこと
    新春随想 北海道医療新聞 新春特集号 第2部 2015年1月1日

 

2014年(平成26年)

  • 並木昭義: 日本臨床体温研究会の経緯と実績
    臨床体温 32;2~7,2014

  • 並木昭義: 新市立病院の建設と構想
    小樽市立病院誌 3:13~19,2014
  • 並木昭義、森本昌宏、平川奈緒美、山内正憲、山田圭輔:
    座談会、日本ペインクリニック学会第48回大会をふりかえって
    ペインクリニック 35:1159-1187,2014

  • 並木昭義:
    正念場を迎える市立病院の課題と対策
    小樽市医師会だより 85:14-17,2014

  • 並木昭義:
    4人の教室出身者に贈った言葉
    緑陰随想 北海道医療新聞 夏季特集号 2040号 2014年8月8日

  • 並木昭義:
    私の信条
    全国病院事業管理者協議会 会報 第18号 5P 平成26年7月

  • Shigekazu Sugino・Tomo Hayase・Misako Higuchi・Katsuhiko Saito・Hiroyuki Moriya・Yukihiro Kumeta・Nahoko Kurosawa・Akiyoshi Namiki・Piotr K.Janicki:
    Association of μ-opioid receptor gene(OPRM1)haplotypes with postoperative nausea and vomiting.
    Exp Brain Res(2014)232:2627-2635

  • 並木昭義:
    序文 ペインクリニック専門医が伝える神経ブロックのプロの技I.
    ペインクリニックにおける神経ブロック療法の要領 
    ペインクリニック35:717-720,2014

  • 並木昭義:
    序文 ペインクリニック専門医が伝える神経ブロックのプロの技II.
    末梢神経ブロックを正確、円滑、安全に行う技とコツ 
    ペインクリニック35:871-873,2014

  • 並木昭義:
    巻頭言 時の流れに身を任せて 
    創部六十周年記念誌 札幌医科大学野球部発行 2014年6月

  • 並木昭義:
    平成25年の野球界の思い出に残る出来事 
    創部六十周年記念誌 札幌医科大学野球部発行 P32-33,2014

  • 並木昭義:
    医師会対応 失敗に学ぶ 
    平成25年度全国病院事業管理者研修会講演録 P69-80,2014

  • 並木昭義:
    序文、並木昭義、氏家良人、升田好樹編
    よくわかる人工呼吸管理テキスト改訂第6版
    東京 南江堂 2014

  • 藤村直幸、並木昭義:
    人工呼吸管理とチーム医療、並木昭義、氏家良人、升田好樹編
    よくわかる人工呼吸管理テキスト改訂第6版
    東京 南江堂 P2-6,2014

  • 並木昭義:
    印象記 日本臨床麻酔学会第33回大会 
    ペインクリニック 35:119-121,2014

  • 並木昭義:
    古希を迎えて思うこと
    新春随想 北海道医療新聞 新春特集号第2部 2014年1月1日

  • 並木昭義、新谷知久:
    最近のペインクリニック
    Modern Physician 32:87-90,2014

  • 並木昭義:
    両院の差し迫った事態を打開する対策と活動
    小樽市医師会だより 84:19-22,2014

 

2013年(平成25年)

  • 並木昭義:
    巻頭言 小樽市立病院誌第2巻発刊に寄せて
    小樽市立病院誌 第2巻 第1号

  • 並木昭義:
    局長メッセージと広報・教育活動の統括
    小樽市立病院誌 2:13-18,2013

  • 並木昭義:
    書評 白崎修一、澤村豊、田端綾子、中村誠也編「臨床医のための医療訴訟を回避するケーススタディ40」
    臨床麻酔  37,1521,2013

  • 並木昭義:
    書評、横山正尚編 新戦略に基づく麻酔・周術期医学 麻酔科医のための循環管理の実際
    麻酔  62:1147,2013

  • 並木昭義:
    現在の市立病院の重要課題と対策
    小樽市医師会だより  83:23~26,2013

  • 並木昭義:
    教授の退任と就任に当って贈った言葉
    緑陰随想 北海道医療新聞 8月9日 2013年1991号

  • 並木昭義:
    講演「論文発表に秘められた話を語る」の意義
    Anesthesia 15:72,2013

  • 並木昭義:
    引き際を考える
    新春随想 北海道医療新聞1月1日 1960号

  • 並木昭義:
    印象記 日本臨床麻酔学会第32回大会
    ペインクリニック 34:137-139,2013

  • 並木昭義:
    新病院の建設着工の経緯と円滑な開院の要件
    小樽市医師会だより  82:17~20,2013

  • 並木昭義:
    緩和医療学講座の目標達成に実践した5年の歩み
    寄附講座緩和医療学 5周年記念誌 2013年4月

  • 並木昭義:
    安本和正先生に贈る言葉
    安本和正教授退任記念誌 2013年3月

  • Junzo Takeda,Akiyoshi Namiki,Makoto Ozaki,et al :
    A prospective randomized multicenter comparative study of BLM-240(desflurane)versus sevoflurane in Japanese patients.
    J Anesth(2013)27:468-471

  • N.Morioka,M.Ozaki,M.yamakage,H.Morimatsu,Y.Suzuki,F.Bepperling,H.Miyao,A.Namiki and K.Morita:
    The Volume Effect and Safety of 6% Hydroxyethyl Starch 130/0.4 in Patients Undergoing Major Elective Surgery:An Uncontrolled,Open-Labeled,Multi-Center Study
    Open Journal of Anesthesiology  2013,3,326-337

 

2012年(平成24年)

  • 並木昭義:
    百見は一験に如かず
    緑陰随想 北海道医療新聞 8月10日 2012年1941号
  • 並木昭義:
    この世では三条件そろうことが大切である
    新春随想 北海道医療新聞1月1日 1910号
  • 花岡一雄、並木昭義:
    特集「周術期疼痛管」によせて
    序文 ペインクリニック 33:5~6,2012
  • 並木昭義:
    日本臨床麻酔学会 第31回大会
    印象記 ペインクリニック 33:135~137,2012

  • 並木昭義:
    新市立病院の特徴と見解
    小樽市医師会だより  80:13~16,2012
  • 並木昭義:
    市立病院統合・新築に向けての現状- 現病院から新病院への懸け橋
    平成23年度第3回拡大経営戦略会議、基調講演原稿 2012年1月24日
  • 並木昭義:
    「ペインクリニック教育の課題と展望」によせて
    ペインクリニック 33:333~334,2012
  • 並木昭義:
    福島和昭教授の退職と思い出
    福島和昭教授退職記念誌 2012年4月
  • Shigekazu Sugino,Akiyoshi Namiki,Michiaki Yamakage:
    Genetic differencecs in response properties of rostral ventromedial medulla neurons to the µ-opioid receptor agonist DAMGO in mouse inbred strains
    Neuroscience Letters 517(2012) 107-112
  • Shigekazu Sugino,Akiyoshi Namiki,Michiaki Yamakage:
    Genetic differencecs in response properties of rostral ventromedial medulla neurons to the µ-opioid receptor agonist DAMGO in mouse inbred strains
    Neuroscience Letters 517(2012) 107-112
  • 並木昭義:
    合同医薬品集V版発刊にあたって
    医薬品集 第V版 2012市立小樽病院、小樽市立脳・循環器・こころの医療センター薬局編
  • 並木昭義:
    シンポジウムの企画と総括 麻酔科医の将来の役割の展開と夢の実現への提言
    日本麻酔科学会第59回学術集会 会長企画シンポジウム、
    臨床麻酔 36,1575-1576,2012
  • 並木昭義:
    論文発表に取組む目的と意義
    小樽市立病院誌 1:11~18,2012

 

2011年(平成23年)

  • 並木昭義:
    初日の出の思い出
    新春随想 北海道医療新聞 1月1日 1860号
  • 並木昭義:
    わが国における緩和医療-現状と課題
    小樽市医師会だより 78:17~20,2011
  • T.Kiya,T.kawamata,A.Namiki and M.Yamakage:
    Role of Satellite Cell-Derived L-Serine in the Dorsal Roof Ganglion in Paclitaxel-Induced Painful Peripheral Neuropathy
    Neuroscience 174:190-199,2011
  • 並木昭義:
    序文とまとめ
    プライマリー・ケアにおける神経障害性疼痛に対する薬物療法 加藤 実 著
    Practice of Pain Management 2:59-69,2011
  • 並木昭義:
    慢性疼痛に対してのオピオイドの使用戦略によせて
    ペインクリニック 32:325-327,2011
  • 並木昭義:
    第13回ペインカンファレンス札幌レポート座長の言葉
    JPAP 05,8,2011
  • 並木昭義:
    浅井康文教授との10年を振り返る
    浅井康文教授就任10周年記念業績集 2011年5月
  • 並木昭義:
    進む新市立病院建設の計画
    潮 63:2-3,2011
  • 並木昭義:
    ある麻酔科医の軌跡-人生出会いと思い出づくり-
    悠飛社,東京,2011
  • 並木昭義:
    世を知るには辞典を活用
    緑陰随想 北海道医療新聞 8月12日 1891号
  • 並木昭義:
    新市立病院建設の進展状況を語る
    小樽市医師会だより 79:27~30,2011
  • 並木昭義:
    プレガバリン(リリカ)の登場と適正使用に向けて-疼痛治療に対する概念がかわる
    Medical Tribune 2011年9月22日 P66
  • 並木昭義、高橋正裕、井上荘一郎、古家仁、中塚秀輝、森田望:
    POPS研究会による全国アンケート調査の結果報告-腹部手術後の術後鎮痛法に関する調査結果-
    日本臨床麻酔学会誌 31:952~958,2011
  • 並木昭義:
    推薦のことば術後痛サービス(POPS)マニュアル
    POPS研究会編、真興交易 東京 2011年
  • 並木昭義:
    今井浩三「がんプロフェッショナル養成プランの展望と専門職連携」の講演要旨
    日本緩和医療学会 ニューズレター No53.Nov 2011.P76  53:76,2011

 

2010年(平成22年)

  • Hirata N,Kanaya N,Yamazaki Y,Sonoda H,Namiki A.
    Pulmonary embolism caused by a carbon dioxide blower during off-pump coronary artery bypass grafting.
    J Anesth 24:1146,2010
  • Gi E,Watanabe H,Sugino S,Kawae TA,Namiki A.
    A new reusable skin-protective sphygmomanometer cuff.
    J Clin Monit Comput 24:209-12,2010
  • 並木昭義:
    日本における麻酔科と麻酔科医の課題と展望
    臨床麻酔 34:9〜15,2010
  • 並木昭義:
    第8回全国病院事業管理者・事務責任者会議報告
    小樽市医師会だより76:10〜12,2010
  • 並木正伸、太田孝一、並木昭義:
    著明な浮腫と貧血を呈した非特異性多発性小腸潰瘍の高齢者症例
    麻酔59:104〜108,2010
  • 並木正伸、津村宣彦、塚窪俊裕、並木昭義:
    術中・術後管理に塩酸デジオロールが有効であったバセドラ合併妊婦の帝王切開の1症例
    麻酔59:372〜374,2010
  • 枝長充隆、御村光子、林 摩耶、須佐泰之、水口亜紀、渡邊祐介、並木昭義:
    X線透視下硬膜外カテーテル留置を利用した腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の麻酔管理
    麻酔59:87〜91,2010
  • 関 忍、山内正憲、川村真衣子、並木昭義、佐藤 裕、藤原祥裕:
    麻酔59:686〜690,2010
  • 川股知之、並木昭義:
    懸濁世ステロイド剤を用いた頚部神経根ブロックにより小脳・脳幹部梗塞をきたした1例
    日本ペインクリニック学会誌17:25〜28,2010
  • 内田英二、宮崎東洋、並木昭義他:
    フェンタニルクエン酸塩含有経皮吸収型製剤(HFT-290)のがん疼痛患者における薬物動態の検討
    臨床医薬26:335〜351,2010
  • 樋口美紗子、杉野繁一、越前谷勇人、高川芳勅、久米田幸弘、並木昭義:
    周術期に頻回に発症した冠動脈ステント血栓症の1症例
    麻酔59:1311〜1314,2010
  • 並木昭義:
    教授3代 新春随想
    1811 北海道医療新聞 2010,1月
  • 並木昭義:
    小樽の課題と展望
    潮60:2,2010
  • 小池和彦:
    在宅患者および高齢者や全身状態のよくない患者へのモルヒネ投与の注意点
    Morphine Q&A3
    総監修 並木昭義 武田薬品・テルモ作成 2010年1月
  • 大森克哉:
    モルヒネの投与経路の違い、モルヒネの他オピオイドへの切り替えについて
    Morphine Q&A4
    総監修 並木昭義 武田薬品・テルモ作成 2010年2月
  • 奥田博介:
    モルヒネの副作用対策、モルヒネ鎮痛効果発現時間について
    Morphine Q&A5
    総監修 並木昭義 武田薬品・テルモ作成 2010年3月
  • 川股知之:
    モルヒネの鎮痛補助薬併用のメリット、経口薬から注射薬変更時の注意点
    Morphine Q&A6
    総監修 並木昭義 武田薬品・テルモ作成 2010年3月
  • 並木昭義:
    日本大学医学部麻酔科教授3代の思い出
    日本大学医学%E

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン