認知症疾患医療センター

 当院は、平成26年7月16日に北海道から「認知症疾患医療センター」の指定を受けました。
 当センターでは、地域における認知症疾患の医療の充実を目的とし、認知症の専門的な鑑別診断や、治療、相談員による専門医療相談を実施しています。

 地域の関係者が連携するネットワークを構築し、情報発信や研修などによる人材育成も行い、認知症医療への貢献に取り組んでいます。

認知症疾患医療センター センター長

髙丸 勇司 (小樽市立病院副院長)
医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、臨床研修指導医、日本精神神経学会、日本老年精神医学会、日本認知症学会

 

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン