神経外来(小児)

外来診療日

診療日 3月、9月の第1金曜日、年2回のみ。要予約

※初診の場合は、まず一般外来を受診して頂き、必要に応じて神経外来受診となります。

診療内容の概要

小児の神経や筋肉の病気、けいれん性疾患の診断・治療を行います。乳児期からの運動・発達の遅れ、言葉の遅れ、筋力が弱い・強すぎるなど気になることがあればご相談ください。

その他、けいれん(体を硬くしたりガクガクする、白眼をむくなど、有熱・無熱に関係なく)や転びやすい・力が入らない、気になる頭痛などがあればご相談ください。

直接、神経外来を受診することにはなりません。まずは一般外来を受診され、必要に応じて神経外来を受診して頂くことになります。

 

主な治療内容

診療

問診、診察の上、必要に応じて血液・尿検査、脳波、画像診断(レ線、CT、MRI検査)

治療

抗けいれん剤などの投与

 

医師

北海道大学小児科の医師が担当します。

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン