泌尿器科

受付時間

午前 8:00〜11:00

 

外来担当医表

Cブロック 
午前 信野
山下
信野
森口
山下
森口
信野
山下
信野
森口

担当医不在について

 

診療内容の概要

泌尿器科は、日本泌尿器科学会専門医教育施設に認定されており、腎がん、腎盂(じんう)尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がんなどの泌尿器科領域の悪性腫瘍疾患や排尿障害、頻尿、尿意切迫、尿失禁に対する診断、治療に積極的に取り組んでおります。最近話題となっている過活動膀胱の治療にも取り組んでいます。また、特殊な膀胱炎である間質性膀胱炎に対する水圧拡張術も行っております。前立腺肥大症や膀胱腫瘍等への経尿道的手術を数多く行っており、副腎腫瘍や腎がん、腎盂(じんう)がんに対する内視鏡下手術も行っております。

体外衝撃波結石破砕装置が設置されており、尿路結石治療にも積極的に取り組んでおります。

 

以下のような症状がある方は泌尿器科外来を受診されることをお勧めします

  1. 尿がでづらい、時間がかかる、切れが悪い
  2. 尿回数が多い、排尿時に痛い、尿が漏れる
  3. 尿に血がまじる、側腹部・腰の急激な痛み、下腹部が痛い
  4. 陰嚢・精巣が痛い、精液に血が混じる

 

主な対象疾患

  1. 前立腺がん、膀胱がん、腎がん、腎盂(じんう)尿管がん、精巣がん、副腎腫瘍
  2. 前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱、腹圧性尿失禁、女性骨盤臓器脱
  3. 膀胱炎、腎盂(じんう)腎炎、前立腺炎、精巣上体炎、間質性膀胱炎
  4. 尿路結石
  5. 精巣捻転、停留精巣、陰嚢水腫、膀胱尿管逆流症、先天性水腎症

 

主な検査項目

検尿、血液検査、レントゲン、超音波検査、CT、膀胱ファイバースコピー、尿流率測定、膀胱内圧検査 等

 

薬物療法、手術療法

薬物療法、手術療法

結石破砕療法

eswl近年、腎や尿管結石の手術治療の中心は体外衝撃波による砕石(体外衝撃波結石破砕術 ESWL)となっております。

衝撃波は高エネルギー圧力波で、点火プラグ電極により水中で生成され水や隣接する生体の組織を通して伝達され体内の結石に集中させることで結石を破砕断片化させることができます。

機種の改良により破砕力の強化と痛みの軽減が得られ多くの場合予防的鎮痛剤の使用下に麻酔を必要とせずに砕石が可能です。

主に1泊程度の入院で施行可能であり、1時間程度で治療が終了致します。結石の大きさや種類によっては複数回の治療が必要となったり、体内へのチューブの一時的挿入や他の術式の併用を要することがあります。費用は通常の手術と同様に健康保険が適応となります。

 

手術の実績(H28年度)

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)111件、対外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)83件、前立腺悪性腫瘍手術15件、膀胱悪性腫瘍手術(全摘)(回腸又は結腸導管利用で尿路変更を行う)10件、膀胱水圧拡張術6件、経尿道的尿路結石除去術(その他のもの)22件、膀胱結石摘出術(経尿道的手術)7件、腎(尿管)悪性腫瘍手術21件、(うち腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術16件)、経尿道的前立腺手術6件、他

 

医師紹介

信野 祐一郎 (副院長)
日本泌尿器科学会(専門医・指導医)、日本排尿機能学会、日本癌治療学会、日本Endourology・ESWL学会、日本化学療法学会、インフェクションコントロールドクター(ICD)
山下 登 (医療部長)
日本泌尿器科学会(専門医・指導医)、日本排尿機能学会、日本透析医学会、日本環境感染学会、インフェクションコントロールドクター(ICD)
森口 卓哉 (医師)
 日本泌尿器科学会

 

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン