外科

受付時間

午前 8:00〜11:30
午後 1:00〜3:00

 

外来担当医表

Bブロック 
午前 越前谷
川俣
有倉
(呼吸器外科)
渡邉
大渕
小野
川俣
越前谷
海老沼
渡邉
小野
午後 川俣 川俣 越前谷 大渕 川俣
注)乳がん検診受付は午前8:00~11:00、午後1:00~2:30となります。
※ストーマ外来は火曜日、金曜日の午前中で予約制となります。

担当医不在について

 

診療内容の概要、特徴・特色、得意分野など

外科は日本外科学会専門医制度指定関連施設、日本消化器外科学会専門医制度修練施設に認定されています。

消化器や乳腺・甲状腺などの良性・悪性疾患の外科治療を行なっております。

各種がんに対する放射線治療や、乳房温存治療後に必要となる放射線治療を継続して行なうことができます。

最近は内痔核に対して薬による硬化療法も行なっています。

いつ発生するかわからない緊急手術に備えて外科スタッフは常時当番制で待機してこれに対応しています。

 

以下のような症状がある方は外科外来を受診されることをお勧めします

  1. 内視鏡検査をしたら、胃腸科病院で手術を勧められた
  2. 肌が黄色くなり内科で検査したら、外科受診を勧められた
  3. 乳房にしこりがある
  4. 乳がん検診で精密検査を勧められた
  5. 甲状腺にしこりがある
  6. 血便が出て、便をする時に痛い

 

主な対象疾患

  1. 食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、胆道がん、すい臓がん
  2. 自然気胸
  3. 乳がん、甲状腺がん
  4. 胆石症、ソケイヘルニア、虫垂炎
  5. 痔核(じかく)、肛門周囲膿瘍

 

乳がん検診について

欧米諸国では乳がん検診が普及しており、マンモグラフィー検診の受診率が60〜80%と高く、そのため10年前から乳がんの死亡率が20〜30%減少しています。日本では受診率が約20%と低く乳がんの発生、死亡が急増しており、女性のがんの一位となっています。乳がんは早期に発見し治療を行えば予後は良好で100%に近い生存率が期待できますが、進行がんで発見されると生存率はおよそ50%となります。また早期に発見された場合、乳房を残す乳房温存療法を選択できる確立が高くなるので、早期に発見することが大切です。

マンモグラフィーでは腫瘤(しゅりゅう)や微細石灰化などの確認により、触ることの難しい乳がんを発見することが可能です。40歳を過ぎたら自覚症状のない場合でも1〜2年に1回の乳がん検診を受けることが推奨されています。

小樽市では無料クーポン券や1,000円で受診できる2年に1度の優待券を配布していますので、それを上手に利用しましょう。

 当院では放射線読影専門医が常勤しておりマンモグラフィー、CT、MRIなどの画像に対する詳細な検討が可能です。

病理医も常勤しており、細胞診の結果は1〜2日で判明しますし、乳がんが見つかり乳房温存手術を行う場合、残存乳房にがんを残さないことが最も大切であり、そのため手術中に迅速病理診断を行って断端のがんの有無の確認も可能です。

また予後の判定のため術後切除標本の詳細な検索が大切ですが、病理医が常勤していますので外科医との緊密な連携が可能です。

乳房温存療法では乳房温存術後に残存乳房に放射線照射を約5週間かけて行うのが一般的ですが小樽周辺で放射線治療が可能なのは当院だけです。

診断から放射線治療まで一貫して治療が行える体制になっていますので当院の乳がん検診を是非ご利用ください。

スト―マについて

 おなかにつくった“排せつのための口”で、便や尿がでてきます。腸や膀胱の病気のある部分を、手術で切除したあと、新しくおなかにつくられます。病気の治療のために、一時的につくることもあります。

ストーマの位置は、病気の状態や管理のしやすさを考え、患者さんと相談しながら決めます。排泄のコントロールが難しくなりますが、専用の装具を使えば大丈夫です。

当院では、装具の選択やストーマ周囲の皮膚の保護、日常生活について、医師と専門の知識を持った看護師(皮膚・排せつケア認定看護師)が相談を受け、オストメイト(ストーマを保有している方)の皆様をサポートいたします。

年齢とともにお腹の筋肉や脂肪が変化し、ストーマや周囲の皮膚の状態も変化していきます。

定期的に(少なくても半年〜1年に1回)チェックをされることをおすすめします。
※ストーマについては、水曜日、金曜日の午前中で予約制となります。

 

手術の動向・実績(H28年度)

CVポート手術造設 106
鼠径ヘルニア手術  【開腹  35件、腹腔鏡下 37件】 72
腹壁瘢痕ヘルニア手術 【開腹  7件、 腹腔鏡下  9件】 16
胆嚢摘出手術 【開腹  2件、腹腔鏡下 56件】 58
大腸手術【開腹 21件、腹腔鏡下 34件】 55
小腸手術【開腹  3件、腹腔鏡下 9件】 12
胃悪性腫瘍手術 【開腹 10件、腹腔鏡下 21件】 31
虫垂切除手術【開腹 14件、腹腔鏡下 14件】 28
腸閉塞手術 6
乳腺腫瘍手術 33
ストマ造設【開腹 2件、腹腔鏡下 17件】 19
痔核根治術 21
甲状腺手術 5
膵悪性腫瘍手術 10
肝切除手術 6
回腸導管作成術  5
臍ヘルニア  2
腹膜炎 8
胸腔鏡下肺葉切除術 14
その他 66
合計 573

 

 

医師紹介

越前谷 勇人 (理事・副院長)
日本外科学会(専門医・指導医)
日本消化器外科学会(認定医)
日本臨床外科学会
日本乳癌学会
日本静脈経腸栄養学会認定修練医
TNT研修会認定医
内痔核治療法研究会
内痔核4段階注射法講習会終了医
マンモグラフィー読影認定医
渡邉 義人 (医療部長)
日本外科学会(専門医)
日本消化器外科学会(認定医)
日本臨床外科学会
日本乳癌学会
内痔核4段階注射法講習会終了医
小野 仁 (医長)
日本外科学会(専門医)
検診マンモグラフィ読影認定医
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会
日本内視鏡外科学会
日本腹部救急医学会
日本癌治療学会
大渕 佳祐 (医師)
検診マンモグラフィ読影認定医
日本外科学会
日本臨床外科学会
日本消化器外科学会
日本腹部救急医学会
日本乳癌学会
日本呼吸器外科学会
日本癌治療学会
日本内視鏡外科学会
JATEC provider
海老沼 翔太 (医師)
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本癌治療学会
 川俣 孝 (嘱託医)
医学博士
日本外科学会(専門医・指導医)
日本消化器外科学会(指導医)
日本乳癌学会(認定医)
日本乳癌健診学会
日本臨床外科学会

 

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン