胃がん検診

日本人に最も多いがんがこの胃がんです。 胃がんはまず胃の粘膜に発生します。
この時期(早期がん)に見つけて治療ですれば、100%近く治ります。

 

胃がん検診(バリウム検査)の受け方

バリウムを飲んで、胃のX線(レントゲン)検査を行います。

前日の準備 アルコールは避け、夜10時以降の飲食はしないでください。
(お水は大丈夫です)
当日の準備 検診当日はタバコやガム等も口にしないでください。
服装は、金具のついた服・金ラメの模様などを避けてください。

※当日、検査前に飲食してしまった方や、朝インスリン注射や血糖降下剤を服用してしまった方は、当日の検査は受けられません。日程を変えて受診するか、主治医にご相談ください。

※小樽市の公費負担
小樽に住民票のある40歳以上の方で、国民健康保険加入者、社会保険等の被扶養者、後期高齢者の方々が対象者です。
社会保険、組合保険、共済保険等の被保険者(本人)は対象とはなりません。

 

検診についての問い合わせ先

小樽市立病院 けんしんセンター TEL 0134(25)1211 内線 3700、3708

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン