肺がん検診

日本人のがん死亡率のトップは肺がんです。
増え続ける肺がんに対し早期発見が困難なことが、死亡率トップの主因と考えられます。
早期のうちに発見して治療すれば約8割が治るようになりました。無症状のうちに検診を受診した人では、早期の肺がんが発見される可能性が高いことが知られています。

 

肺がん検診の受け方

胸部のレントゲン写真を1枚撮ります。

 

服装については、特に次のことをお守りください

  1. 腹部・胸部に金具、ボタン、ファスナー等がつかないものを着てください。
  2. 女性の方は、下着類に金物・プラスチック等のつかないものを着てください。
  3. ネックレス類は付けないでください。
  4. バンソウコウ(磁気付きも含む)、湿布薬等を貼らないでください。
  5. 服装はトレーナー(絵や文字などが印刷されていない物)、ジャージ(ゴムひも入り)をおすすめいたします。

※小樽市の公費負担

小樽に住民票のある40歳以上の方で、国民健康保険加入者、社会保険等の被扶養者、後期高齢者の方々が対象者です。
社会保険、組合保険、共済保険等の被保険者(本人)は対象とはなりません。

 

検診についての問い合わせ先

小樽市立病院 けんしんセンター TEL 0134(25)1211 内線 3700、3708

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン