臨床工学科

 臨床工学科は田宮副院長を室長とし、ほか臨床工学技士6名で構成されています。当院臨床工学技士は生命維持管理装置の保守・管理のみならずチーム医療の一員として、より安全で最良の医療、技術の提供ができるよう努力しています。また小樽・後志の基幹病院として24時間365日緊急業務に対応しています。

 

臨床工学技士について

  「臨床工学技士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて「医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業とする者」をいいます。「生命維持管理装置」とは、人の呼吸、循環又は代謝の一部を代替し、又は補助することが目的とされている装置をいいます。具体例としては、人工呼吸器、人工心肺装置、補助循環装置、血液浄化装置、ペースメーカ関連業務などがあります。

 

臨床工学技士の専門認定資格

 臨床工学技士には、レベルの高い専門的な業務を行うために認定資格がたくさんあります。当院では質の高い医療を提供するために積極的に認定資格の取得を目指しています。

認定資格  取得人数 
体外循環技術認定士認定  2名
呼吸療法認定士認定  2名
透析技術認定士認定  1名
不整脈専門臨床工学技士認定  1名
臨床ME専門認定士(第1種ME技術実力検定認定)   1名
ME2種技術実力検定認定  5名
ITE(心血管インターベーション技術認定士)  2名
MDIC認定  1名

 

人工心肺・補助循環業務

心臓や大血管の手術中、心臓を停めている間、心臓と肺に代わって人工心肺装置を操作します。また重症循環不全に用いる、経皮的心肺補助装置(PCPS)や、大動脈内バルーンパンピングにも対応しています。

1

 

心臓カテーテル検査・治療業務

 主に狭心症や急性心筋梗塞に対する検査ならびに治療を行います。 ポリグラフ、IVUS、FFRの操作、治療時の物品管理、患者急変時など状況に応じて対応しています。

2

 

ペースメーカ業務

 ペースメーカ植え込み業務、ペースメーカーチェックにも従事しています。そのなかで、近年遠隔モニタリングシステムを導入する患者さんが増加しています。遠隔モニタリングシステムとは、患者さん宅に、専用の中継機器を設置して頂くことで、自宅から植え込み型デバイスの情報を専用のサーバーへ送信し、医療機関から情報を閲覧できるシステムです。

3

 

透析室業務

 透析室のベッド数は20床で月・水・金は2部制、火・木・土は1部制で透析を行っています。当院の特徴として、循環器疾患、脳血管疾患を合併した症例も多く、透析中の循環管理や容態の変化に即座に対応すべく、医師・看護師と連携し安全な透析治療を提供しています。また、夜間や時間外の透析にも対応しております。重症患者には個人用装置を使用し、ベッドサイドで透析治療を行います。

 

急性血液浄化業務

 当院では持続緩徐式血液浄化療法(CHDF・CHF・CHD)や血漿交換(PE)などを行っており、患者状況に合わせ治療法を選択しています。

5

 

臨床工学技士臨床業務 集中治療室

  ICUでは写真のように生命維持管理装置をはじめとする数多くの医療機器が動いています。 ・生体情報モニタ ・人工呼吸器 ・PCPS (心肺補助循環) ・IABP(大動脈バルーンパンピング) ・急性血液浄化装置 ・輸液・シリンジポンプ ・循環動態モニタなど

6

 

ME機器管理業務

 MEセンターでは人工呼吸器やシリンジポンプ、輸液ポンプをはじめとするME機器点検・保守管理を行っております。また、医療管理システム(MEDICSON)を導入し、医療機器の中央管理を行っています。

7

 

 なお、多種の機器に対応すべくメーカー主催の講習会などにも積極的に参加し、院内講習会を定期的に開催しています。

8

 

 

 

 

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン