検査室

臨床検査とは

 臨床検査は、患者さんのからだの状態を詳しく調べ、病気の診断や治療方法を決定するために行われる検査です。また、人間ドックなどで病気を未然に発見するためにも重要な役割を担っています。
 臨床検査は、患者さんから採取した血液や尿・便などを調べる検体検査部門と心電図や超音波(エコー)検査など患者さんを直接調べる生理機能検査部門からなります。

検査室の体制

 夜間休日も含め24時間体制で臨床側から依頼された検査を迅速かつ正確に報告しています。
 検査室は検体検査を行う一般検査・血液検査・生化学・血清・輸血・微生物・病理部門と、生体検査を行う生理機能検査部門で構成されています。
 また、臨床検査業務の他、中央採血室(検査受付と採血)の運営・糖尿病指導などを行っています。

 当院では、国家資格である臨床検査技師が臨床検査業務を行っていますが、さらに専門学会などの認定を受けた技師が担当業務に携わっています。

 認定資格を有する技師 

  • 認定超音波検査士
     体表臓器領域・・・・・・・・1名
     循環器領域・・・・・・・・・3名
     血管領域・・・・・・・・・・1名
     泌尿器領域・・・・・・・・・2名
     消化器領域・・・・・・・・・3名
  • 細胞検査士・・・・・・・・・・4名
  • 認定病理検査技師・・・・・・・1名
  • 認定一般検査技師・・・・・・・1名
  • 認定輸血検査技師・・・・・・・2名
  • 糖尿病療養指導士・・・・・・・1名
  • 認定救急検査技師・・・・・・・1名
  • 二級臨床検査士 微生物学・・・1名
  • 血管診療技師・・・・・・・・・1名

 

検体検査部門 生理機能検査部門

 

 検体検査部門

 患者さんから採取した血液・尿・(脳脊髄を満たしている液)をはじめ、さまざまな検体について分析を行い、治療に役立てています。扱う検体により更にいくつかの部門に分かれます。

生化学・免疫血清検査

 血液中の酵素・たんぱく質・脂質・糖質、ビタミン、ホルモンなどの化学物質を測定することで各臓器の機能異常を1調べています。 血清検査は身体の炎症反応の有無や、肝炎ウィルスなどの感染症に罹患していないか検査します。1つの検査で悪い場所や度合いを決定できるわけではありません。複数の項目を組み合わせて総合的に判断します。

 

血液検査

bumon_kensa04

 測定装置や顕微鏡などを使って、血液中の赤血球や白血球・血小板の数と大きさを測定し、貧血や炎症の強弱を調べたり、赤血球の形や白血球の種類別の比率を確認します。凝固機能検査では、血液の固まりやすさを凝固因子レベルで調べ治療に役立てます。これらの検査は、色々な病気で異常な数値を示しますが、それらが疑われる場合などでは、さらに関連する特殊な検査を随時行っています。

 一般検査

  採取した尿中の糖・たん白・血液反応を測定したり、尿に含まれる細胞成分を観察することで、腎臓・尿路系を含めた全身状態を把握します。
便潜血反応は、消化管に出血がないか調べます。また髄液(脳脊髄を充たす液体)の生化学成分や細胞を検査し脳内の炎症や出血の有無を把握します。

 

 

細菌検査

 感染症にかかった時や身体に炎症がおきた時、その原因となる微生物を見つけて抗菌薬の有効性を確認する検査です。
喀痰(かくたん)・鼻汁・尿・便・膿・血液などの検査材料を、培地(微生物が発育しやすいような栄養分が含まれたもの)に塗り、発育に適した温度のふ卵器に入れて育ってきた微生物を調べます。近年、問題となっている薬剤耐性菌や病院内感染の原因となりうる微生物の検出時には、速やかに情報提供を行い、院内感染対策に役立てています。
 このような細菌検査は結果が出るまでに数日かかりますが、この他に専用キットを用いて数十分で判定可能な迅速検査を行っており、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどの検査が可能です。
 また遺伝子増幅検査(LAMP法)による結核診断も行っています。一時間ほどで結核菌であるかどうかを判定することができます。結核疑いの患者さんの待ち時間の軽減や感染拡大のリスク軽減、早期診断に有効です。

 

45

 

輸血検査

bumon_kensa08

 血液型検査のほか、輸血が必要な場合に備えるためABO式血液型・Rh式血液型の判定や、輸血副作用の原因となる不規則抗体検査(患者さまが輸血に支障をきたす要因をもっていないか事前に検査)を行っています。

夜間休日を含め高水準の検査精度を維持し、各種の血液製剤の発注や、受け取った血液製剤の保管・管理を行っています。また、輸血による副作用を避けるため、あらかじめ患者さんより計画的に必要量を採血・保存し、手術の際に使用する「自己血」の保管・管理も行っています。

輸血が必要な病気や、手術・ケガなどで輸血が必要になった時、何種類もの検査を行い、適合性と安全性が確認された血液製剤を用意します。

 

病理検査

病理組織診断

 手術や胃カメラ、大腸カメラで採取した臓器から標本を作り、色々な染色をして病気の最終診断をしています。診断は病理専門の医師が行います。標本の製作、染色は臨床検査技師が行います。
また手術中に臓器の一部を採り、数分以内に組織診断を行い手術の方法や摘出範囲を決めるための迅速検査も行っています。

 

細胞診検査

 痰や尿、子宮粘膜、胸腹水などを採取しその中の全ての細胞の異常の有無をチェックします。特にがんの診断の補助に適しています。

細胞のチェックは細胞学会で認定された臨床検査技師が行います。

 

中央採血室

 外来患者さんの採血を看護師とともに行っています。  
糖尿病で血糖自己測定(SMBG)をされる患者さんには、血糖測定機器の使用説明や保守管理を行っています。

89

 

検査項目

検査項目情報(血液検査)はこちらicPdf187KB

検査項目情報(尿検査)はこちらicPdf96.6KB

 

生理機能検査

 生理機能検査は患者さんの体に直接触れて行う検査です。患者さんには正しい検査結果を出すために、事前に準備していただいたり、ご協力をお願いする事があります。また、所要時間はおおまかな目安です。検査内容や緊急の検査等により、お待ちいただくことがありますのであらかじめご了承ください。

心電図検査

心臓の働きを調べる検査です。不整脈や狭心性、心筋梗塞などがわかります。ベットに寝て胸と手足に電極をつけて検査します。所要時間は5分程度です。
精密検査として運動してから心電図を記録するマスター負荷心電図検査やトレッドミル負荷心電図検査なども行っています。

bumon_kensa14

 

 

 

ホルタ―心電図

 心電図や血圧測定を24時間記録することで、通常の検査では捉えにくい、日常生活の中での変化を調べます。 12
不整脈や狭心症の診断のほか、薬やペースメーカー装着後の治療効果判定などに用います。当院では、記録終了後の解析作業も検査室内で行っていますので、速やかな結果報告が可能です。

 

 

 

血圧脈波検査(API/PWV)

 両手両足の血圧を測って血管の状態を調べます。動脈硬化の程度や血管のつまりがあるかどうかがわかります。所要時間は10分程度です。
透析療法を受けられている方は事前に職員にお申し出ください。

 

呼吸機能検査

肺の大きさや気管支の状態を調べる検査です。呼吸機能障害の診断や全身麻酔での手術前検査として行われます。大きく息を吸ったり吐いたりしていただくので呼吸が苦しく感じることもありますが、診断や治療に必要な検査ですので患者さんのご協力をお願いします。所要時間は15〜30分程度です。呼吸障害疾患の診断や手術前に呼吸状態の確認に用います。

1314

NO呼気濃度検査

呼気に含まれる一酸化窒素の濃度を測定することで、喘息の有無を診断する検査です。呼気NOは気道の好酸球性炎症を反映するため、喘息患者で高値となります。所要時間は5分程度です。

 

超音波検査

エコー検査は患者さんへの負担が少ない優れた検査です。

ecor1 ecor2

心臓エコー

心臓の大きさや動き、血液の流れ方などを検査します。
心臓病の診断だけではなく、治療効果の判定にも用います。

頸部(けいぶ)エコー

頸部(首)の動脈の狭窄や動脈硬化の度合いを調べるものと、リンパ節、唾液腺、甲状腺を見るものとがあります。

四肢血管エコー

動脈:下肢動脈硬化症の進行度評価やバイパス手術・カテーテル治療後の経過観察にも用います。
静脈:下肢静脈瘤(りゅう)の評価や深部静脈血栓症の診断、手術時のマーキングにもエコーを使用しています。

経食道エコー

体表面から描出しにくい部位を食道から超音波装置(胃カメラで使用する管と似たもの)を使って医師が検査をします。

腎動脈エコー

腎臓にある動脈が動脈硬化などによって狭くなっていないかを検査します。

乳腺エコー

乳房内部の腫瘍やしこりの有無を検査します。主に乳がんの早期発見を目的に行います。

腹部エコー

主に肝臓、胆のう、膵臓、脾臓などを検査します。
腫瘍や結石の有無などを見ます。

腎・膀胱エコー

腎臓と膀胱、男性は前立腺を検査します。腫瘍や結石の有無などを見ます。膀胱に尿をためた状態で検査するのが好ましいため、検査前はトイレを我慢していただきます。

 

脳波検査

 脳が活動しているときに微弱な電気信号を発しており、この信号を頭の表面に付けた電極で記録して、波形(脳波)で表します。
てんかんや熱性けいれん、意識障害などの診断や治療に用いられます。
所要時間は40〜60分程度です。
検査中に脳波の変化を見るため、眼の開閉や深呼吸を行っていただく場合があります。また、小児は眠るまでの状態を記録しますので、自然に眠れない場合に薬を飲んでいただくことがあります。

nouha1  

 

 

 

 

超音波骨評価検査

 機械に足をのせて骨の密度を調べる検査です。骨粗しょう症の診断に使われます。所要時間は5分程度です。

 

重心動揺検査・眼振図

 体のふらつきの状態や目の動きを記録します。めまいなどがあるときに行う検査です。
所要時間は検査の組み合わせにもよりますが10〜45分程度です。

 

聴力検査

 聞こえの程度や、異常のある場所などを調べる検査です。
所要時間は検査の組み合わせにもよりますが10〜45分程度です。

tyoryoku

 

SPP(皮膚組織灌流(かんりゅう)検査)

 末梢血管領域の重症度を評価する検査です。 APIのみでは捉えられない浮腫や、糖尿病などによる血管の石灰化の評価が可能です。

 

APG(空気容積脈波)

 足の静脈にどれくらい血液が逆戻りしているかを調べる検査です。足にビニール袋を巻いて検査します。
下肢静脈瘤(りゅう)の重症度が数字で判りますので、手術適応の判断だけではなく弾性ストッキングによる圧迫療法などで経過観察されている方にも有効な検査です。

APG1 APG2

 

サーモグラフィ検査

22 体温異常、血行障害、慢性疼痛、炎症性の疾患などの診断に役立てます。
検査時は手や足など露出しやすい格好で来院してください。また、検査部位によって化粧やマニキュアを落としていただく場合があります。

 

 

 

 

FMD(血管内皮機能)検査

動脈硬化が引き起こす様々な疾患に対する早期発見・早期治療に有用な検査です。

注意事項

  • 検査予定時間の4時間以内の飲食は控えてください。
  • たばこは検査6時間前から控えてください。
  • 血圧測定(API検査を含む)を行う場合は30分前に済ませてください。

検査の所要時間は20分程度です。

誘発電位検査

 手または足の末梢神経や感覚神経に電気刺激を加え、刺激の伝わる速度を測定し神経障害の程度を調べます。筋力の低下や筋萎縮、感覚障害のある患者さんに適応となります。
電気刺激は人によって痛みを伴います。

  • MCV(運動神経伝導検査)
  • 運動神経の伝わる速度を測定します。運動障害(脱力感や動きづらさなど)
  • SCV(知覚神経伝導検査)感覚神経の伝わる速度を測定します。感覚障害(しびれ、痛み、感覚の鈍さなど)
  • SEP(体性感覚誘発電位)上肢または下肢の感覚神経に電気刺激を加え、末梢から中枢に至る感覚神経系障害の程度を調べます。多発性硬化症、脊髄疾患、末梢神経障害などの判定に用います。
  • ABR(聴性脳幹反応)ABRは聴覚神経を興奮させ、脳幹部での電位を頭皮部より記録するものです。めまいの鑑別診断、意識障害、多発性硬化症、聴神経腫瘍などの判定に用います。
  • MEP(経頭蓋磁気刺激検査) 磁気刺激装置で大脳の運動野を刺激して、目的の筋肉から表面筋電図を記録する方法です。23

 

 

 

 

 

術中モニタリング

 術後の脳機能、脳神経機能の障害、神経症状悪化を予防する目的で行われるモニターの一種です。手術中に確認する検査をモニタリングといい、どのモニタリングを使用するかは病変部位によって異なります。

2425

 

 

MEP(運動誘発電位モニタリング)

  • 経頭蓋高電圧刺激(頭皮上から高電圧で刺激)
  • 硬膜下電極使用(脳の表面の運動野を電流で刺激)

 手術中に電気生理学的検査を用いて大脳皮質の運動野を刺激し、末梢の筋肉からの誘発電位を測定します。運動野の評価を行い術後の運動麻痺を予防する目的で脳腫瘍や脳血管障害の手術などに用いられます。

MEP1 MEP2

 

SEP(体性感覚誘発電位モニタリング)

 感覚神経領域での手術の場合、手(正中神経)や足(後脛(けい)骨(こつ)神経)を刺激し頭皮上や脳表の感覚中枢で電気信号を拾います。
脳幹・頚椎・脊椎の保護を目的に行います。

 

ABR(聴性脳幹反応)

 顔面けいれんや三叉神経痛に対する手術にて行う検査です。
顔面けいれんは顔面神経の圧迫などにより引き起こされるため、手術ではこの圧迫を解除(減圧)しなければなりません。このとき、最も起こりやすい聴力障害を防ぐため術中に聴神経機能を測定します。

 

AMR(異常筋反応)

 AMRとは顔面けいれん特有の反応であり、AMRが消失すれば顔面神経の減圧完了の指標となるため、術中にモニタリングを行っています。

 

顔面神経のモニタリング

 聴神経腫瘍摘出術などの脳幹部付近の手術の際、近接する顔面神経の損傷を防ぐ目的で行います。
この検査は顔面神経を直接刺激し、顔面神経の機能を確認します。

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン