形成外科

受付時間

午前 8:00〜11:00
午後 1:00~3:00

 

外来担当医表

Dブロック 
午前 今井 新井 今井
(1.3.5週)
新井
(2.4週)
今井 新井
 午後  ―  ― 新井
(1.3.5週)
今井
(2.4週)
 ―  ―

※水曜日は各週で診察医師が入れ替わります。

担当医不在について

 

診療内容の概要、特徴・特色、得意分野など

形成外科の診療内容は、やけどやその跡、良性・悪性の皮膚腫瘍、顔面のけが、あざや生まれつきの変形、褥瘡(とこずれ)、なかなか治らないけがや潰瘍、けがや手術後の傷あとなどです。お気軽に受診してください。

 

主な対象疾患

新鮮外傷、新鮮熱傷、顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷、唇裂口蓋裂、手足の先天異常、外傷、その他の先天異常、母斑、血管腫、良性腫瘍、悪性腫瘍およびそれに関連する再建、瘢痕(はんこん)、瘢痕拘縮(はんこんこうしょく)、肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)、ケロイド、褥瘡(じょくそう)、難治性潰瘍

 

手術の実績(H24年度)

皮膚,皮下,軟部、血管腫瘍摘出術187、’皮膚切開術(長径10センチメートル未満)81、創傷処理65、爪甲除去術46、陥入爪手術4、皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)24、眼瞼下垂症手術33、眼瞼内反症4、皮膚、皮下、粘膜下血管腫摘出術(露出部)5、腋臭症手術(皮弁法)5、皮弁作成術・移動術・切断術・遷延皮弁術13、鼻骨骨折整復固定術3、植皮術【全層・分層17、デブリードマン16】、四肢切断術(指)(足)3、先天性耳瘻管摘出術3、顔面骨骨折手術(鼻骨骨折、頬骨骨折を含む)3、ヘルニア手術(臍ヘルニア)1、顔面神経麻痺形成手術(動的なもの)1、瘢痕拘縮形成手術(その他)1、その他【皮膚剥削術2件、手掌異物摘出術2件、他】8 合計523件

 

医師紹介

今井 章仁(医療部長) 詳細
医学博士
日本形成外科学会(専門医)
日本熱傷学会
日本マイクロサージャリー学会
国際形成外科学会
日本褥瘡学会
日本移植学会
新井 孝志郎(医長)
日本形成外科学会(専門医)
日本熱傷学会
日本褥瘡学会
日本マイクロサージャリ―学会

 

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン