新小樽市立病院改革プランについて

 小樽市では、新公立病院改革ガイドライン(平成27年3月31日付総務省自治財政局長通知)に基づき、平成29年3月1日に新小樽市立病院改革プランを策定しました。
 新小樽市立病院改革プランでは、公・民の適切な役割分担の下、地域において必要な医療提供体制を確保し、公立病院が安定的に不採算医療や高度・先進医療などの重要な役割を担っていくことができるようにするため、主に、地域医療構想を踏まえた役割の明確化、経営の効率化、再編・ネットワーク化及び経営形態の見直しを記載しています。
 経営の効率化については、対象期間中に経常黒字化する数値目標を定めるべきとされており、この目標をベースに計画を策定しています。

 

 総務省新公立病院改革ガイドライン

 新小樽市立病院改革プラン

このページの先頭へもどるicPagetop

À メニュー
トップへ戻るボタン